タイラバ.comヘッダー画像

真鯛の習性から見るタイラバ (鯛ラバ)ロッドに求められる基本性能とは

2017.8月改定
タイラバ・ロッド
まずはタイラバ釣りに求められる
ロッドの特徴を真鯛の生態や習性から見ていきます。
必要な硬さや強度とは?

タイラバ (鯛ラバ)ロッドの特徴

基本的に真鯛は硬くて小さな口でついばむような捕食の仕方
決して餌を食べるのが上手な魚種ではありません。
ついばむようなアタリがあたっても乗せられないときが しばしばあるのもこのためです。
活性が高い時には思い切りアタックしてきますが、
真鯛は強靭なアゴを持っており、「ゴンッ」ときても
フッキングが甘いと、これまたミスバイトを誘発してしまいます。
繊細なアタリをも食わせ乗せられるほどよくしなるティップ
強靭なアゴを貫き、大きくグングン引っ張るのを手元でがっちりと受け止められる
相応の強度を併せ持ったバットやブランクスが必要ということになります。
なんだか硬いものがいいのか柔らかなものがいいいのか ややこしいですが(笑)
つまりは、ティップ(穂先)は柔らかめ
ブランクスとバッドは強くて硬めが好ましいということ。

タイラバ (鯛ラバ)はなぜ?ベイトロッドなのか…

オフショア(船釣り)がメインのタイラバ (鯛ラバ)ですので
ベイトリールを使用したベイトロッドが現在の主流です。
スピニングロッドでももちろんタイラバ (鯛ラバ)釣りは
可能ですが船の上から真下に落とす巻くを繰り返す釣り方では
当然ながらラインが落ちていく方向と同じ向きにスプールが向く
ベイトリールのほうがラインの放出がスムーズになり
海底の奥底に潜む真鯛に警戒心を抱かせにくくなります。
もちろんベールを起こしたりする必要がなく
片手で操作できるため手返しが良いので
何度も同じ釣り方を永遠に繰り返すタイラバ (鯛ラバ)では
数釣りの可能性を高めてくれるのがベイトロッドなのです。

硬さ

タイラバ・ロッドのティップ
硬さを測る目安として、初心者の方は
使えるルアーの許容重量を見て判断すると理解しやすいです。
ひとえにロッドの硬さといっても、
乗せ重視で数釣りたいのか、大鯛だけを狙い撃つ掛けの釣りなのかでも変わってきます。
もちろん自分がいくフィールドでも、
その場の水深や、潮流のクセなどでもロッドの硬さも当然変わってきます。
瀬戸内の海底深度

数釣り・乗せ重視

ルアーの許容重量がMAX80gくらいまでのLタイプかMLタイプの硬さのロッド。
感度に優れたソリッドティップのものがあればなお◎

大物狙い掛け調子&深場

60cm越えの大鯛が潜んでいそうな場所といえば
水深が深く潮流が強い大場所です。
MAX120g〜200gくらいのMクラスかMHになります。

浅場

水深が比較的浅い30m〜60mくらいの場所がフィールドになる方は
使うタイラバの重さも40g〜75g前後と軽めになるため
選ぶロッドも許容ルアー重量がMAX80gのLタイプの硬さのロッド。
もう少し硬めのティップでもう少し重たいタイラバも使えるように
汎用性を持たすなら許容重量が100g前後の
バーサタイルなMLクラスのタイラバ (鯛ラバ)ロッドがおすすめです。

長さ

タイラバ・ロッドの長さ
サーフ(砂浜)から遠投する陸っぱりタイラバ (鯛ラバ)なら18フィートなんて超遠投用投げ竿が存在しますが
タイラバはあくまでライトジギングの類、 一般的な釣り方は船の上から真鯛が居着いていそうな沖合に出て真下に落とす釣りです。
レングス(長さ)はあまり長いものは必要がありません。
6フィート前後が適切な長さだと思います。
遊漁船などでは邪魔になり、
なんせ7フィート以上あると取り回しが悪く操作性にも影響します。

タイラバ (鯛ラバ)ロッドの代用

タイラバ (鯛ラバ)ロッドはジギング用とか
同じベイトリールのバスロッドでも代用が可能です。
ただし感度は専用のタイラバ (鯛ラバ)ロッドは比べ物になりません。
正直タイラバ (鯛ラバ)専用のモノと比べると圧倒的に不利だと思われます。
なによりも専用のモノと違う最大の点は口が堅く食いの甘い真鯛を確実にフッキングさせるティップのしなやかさ。が違います。
まず「1匹釣る」ことが大事になってくる初心者の方は、
この感度が釣果を大きく左右するのであまりおすすめしません。

バスロッド

バスロッドでタイラバロッドの代用
たまに遊漁船などに乗るとバスロッドを併用している方を見かけることがあります。
バスロッドのルアー許容重量は、キャストしたときに
ロッドが耐えうる重量ですので
真下に落とすだけのタイラバ (鯛ラバ)では
80g前後のオモリの重さなら充分耐えうるロッドで強度的には問題ないです。
できるかできないかで問われれば
バスロッドでもタイラバ (鯛ラバ)は可能です。
がバスロッドはバスロッドです。
タイラバ (鯛ラバ)専用のあの穂先のしなやかさはありません。
慣れている人には硬いロッドでもアタリが取れ
アワセも確実に入れられるでしょうから
ご自身のテクニックに自信のある方の場合だけに
留めておいたほうが無難です。

ジギング

タイラバ (鯛ラバ)ロッドをほかの釣りと
代用する場合、真っ先に思い浮かぶのがジギング用のロッドです。
ジギングロッドで代用する場合には
ルアーの許容重量が100g〜120g
くらいまでで
できるなら先調子のファーストテーパーか
レギュラーファーストがおすすめ。
それ以上になると、オーバースペックになり
タイラバ (鯛ラバ)では硬過ぎます。

若年層に大人気!ジャッカルのタイラバ (鯛ラバ)ロッド


長さ:6.1ft ルアー:MAX100g ソリッドティップモデルです。ベリーに絶妙な張りを残す事で着底感度に優れ、 真鯛の繊細なバイトも明確に捉えます。
繊細な誘いが要求されるタフコンディションで威力を発揮します。
ブラックバス界では最強に人気のジャッカルも
近年のタイラバ (鯛ラバ)ブームに乗っ取り
若年層からの絶大な指示を受けて席巻する勢いです!

フルソリッドのタイラバ (鯛ラバ)ロッド

メジャークラフト フルソリ タイラバモデル FS−B67ML/TR
長さ:6.7ft
ルアー:MAX100g
メジャークラフトから発売された
フルソリッドモデルのタイラバ (鯛ラバ)ロッド
その名もフルソリ!
そのフルソリッドの特徴を最大限に
生かせる1ピースの使用により
一般的なチューブラーでは成しえない感度は異次元だと思います。
今もっとも注目のロッドではないでしょうか。
ただ1ピース・・・。
バスロッドでは主流の1ピースも、持ち運びが不便なところが難点なんですよね〜。
車で行って下して使うだけのブラックバス釣りと違い
遊漁船に乗せて…X。
自分の船で行かれる方は試してほしい1本です。


ページ上部へ戻る

新着記事

鯛ラバ (タイラバ)が釣れないと言ってる人が犯しがちな過ち5つ最新記事
タイラバ 堤防からの釣り方・仕掛け・ロッドとリール記事更新
タイラバ (鯛ラバ)のおすすめワームとその使い方
タイラバの釣れる時間帯
キャスティングタイラバ (鯛ラバ)の釣り方とタックル記事更新
タイラバ (鯛ラバ) ネクタイのおすすめカラーと自作・交換
タイラバの結び方
釣って使ってみた!おすすめタイラバ (鯛ラバ)
秋のタイラバ 攻略・完全保存版
夏のタイラバ攻略・大全集
タイラバ (鯛ラバ) の潮と時合
春のタイラバ攻略ヒント!
タイラバの外道!よく釣れる魚ベスト7
タイラバ(鯛ラバ) リール おすすめ
タイラバ(鯛ラバ) ロッド ランキング
タイラバ(鯛ラバ) 仕掛け 結び方
タイラバ(鯛ラバ) のカラー
タイラバにスナップってアリ!?
タイラバのフック、メンテは冬のうちに!
タイラバのタックル解説
冬のタイラバ
タイラバ(鯛ラバ) の時期・シーズン
タイラバの仕掛けに使えるワーム
動画で見るタイラバ
遊動式タイラバはここがスゴイ!

ロッド・インプレッション

ダイワ 紅牙X 69HB
メジャークラフト クロスステージ CRJ-B63TR
シマノ 炎月 SS B610L-S

リール・インプレッション

シマノ 炎月 100PG最新記事
シマノ オシアコンクエスト 200 / 201HG
シマノ'16 炎月BB 100 / 101 PG
シマノ '16 スティーレ 100/101PG
シマノ バルケッタCi4+ 301HG
シマノ 幻風 XT タイプG

お友達リンク

チニング
シーバス